[グラブル] ソーン  レベル100フェイトエピソード攻略

ソーンのLv100フェイトエピソード攻略です。

その威を示し、王たれと

他の十天衆と戦う9連戦のフェイトエピソードです。

 

基本的な戦い方

  • 戦闘開始時に2アビと3アビを使用します。
  • 相手の奥義や、攻撃系特殊行動に合わせて1アビで回避します。
  • 奥義が撃てる頃には、2アビと3アビが再度使用可能になっているはずなので、この頃には概ね勝てると言っても良いでしょう。
  • 3アビは基本的にダメージ狙いとして使用します。

1戦目 ウーノ

基本的な戦い方で大丈夫です。
残HP50%で城郭の構えを使用し、1ターンの間60%のダメージカットを付与します。
ウーノは奥義発動で幻影が付きますが、ソーンの通常攻撃は全体攻撃なので気にする必要はありません。

 

 

 

2戦目 サラーサ

基本的な戦い方で大丈夫です。
残HP50%で攻撃/ダブルアタック確率UPのバフを付与します。
残HP10%時の奥義は、1アビで回避が可能ですが、追撃が無属性ダメージ(999×2回)は回避する事ができないので、HPがこれ以上残っていない場合は負けることがあります。

 

 

 

3戦目 カトル

基本的な戦い方で大丈夫です。
残HP50%で、ランダムにデバフを付与されますが、特に気にするほどのものではありません。
残HP15%時に奥義を発動し、ダメージと奥義ゲージが30%DOWNされます。

 

 

 

4戦目 フュンフ

同属性相手のために、こちらのデバフが入りにくい状態となります。
連撃率はやや高めで、難所とも言えます。
2アビで何かしらのデバフが付与された場合は、そのデバフに反応してデバフ全解除+弱体耐性アップ3分(1回のみ)を使用します。
そのため、戦闘開始時はアビリティを使わず、CTMAXになってから2アビと3アビを使用すると良いでしょう。
行動パターンやオーバードライブゲージの兼ね合いで、フュンフの奥義は早々撃たれずに済むので、1アビはこちらの奥義を撃つときのバフとして使ってもよいでしょう。
残HP50%で、HP回復約2万とリジェネ30秒を発動するので、リジェネが解除されるまで待機しましょう。
残HP10%で奥義を発動して、被ダメージは約2000とこちらのバフを全て解除してくるので、残HP10%に到達する手前あたりで、奥義と3アビのダメージで一気に削るのが良いでしょう。

 

5戦目 シス

戦闘開始時に2アビを使用して攻撃します。
オーバードライブ状態になったら3アビを使用してブレイクさせます。
残HP50%時に攻撃UP/トリプルアタック確率UP/リジェネの複合バフを付与しますが、リジェネは効果時間が30秒なので、リジェネが解除されるまで待ってから攻撃します。
残HP10%前後で奥義を発動してくるので、到達前に1アビでCTMAX時の行動を回避しながら奥義を撃つことで倒せるでしょう。

 

 

6戦目 オクトー

基本的な戦い方で大丈夫です。
残HP50%時にCTがMAXとなります。
3アビが再度使用可能になる辺りで、3アビと奥義を使用することで、一気に倒すことができます。

 

 

 

 

7戦目 ニオ

基本的な戦い方で大丈夫です。
残HP50%でクオリアを発動し、ダブルアタック/トリプルアタック/攻防UPバフを5分付与します。
残HP50%以降は、2アビが再度使用可能になったら使用して、ニオのCTMAXに合わせて1アビと奥義を発動します。
その後は3アビを使用することで倒せます。

 

 

 

8戦目 エッセル

基本的な戦い方で大丈夫です。
残HP50%で攻撃UPとこちらにデバフをかけてくるので1アビで回避しましょう。
HP50%以降は、ニオ戦と同じ動きで倒せます。

 

 

 

 

9戦目 シエテ

基本的な戦い方で大丈夫です。
シエテの奥義はダメージと攻防UPバフ5分ですが、特に気にする必要はありません。
残HP50%で、こちらの奥義とアビリティ封印3ターンを付与してきますが、タイミング良く1アビを使用することで回避できます。
残HP15%で奥義を発動してきますが、気にすることもないでしょう。

 

 

 

魔眼の狩人

主人公とソーンの戦いで、武器スキルや召喚石の加護が無効化されるバトルとなります。
サポート召喚石は、グリームニルがお薦めです。
主人公は、カオスルーダーにアンプレディクト、アーマーブレイク、アローレインⅢが良いでしょう。
HP50%時に、ダメージ100%カットが1ターンと、弱グリームニル召喚によるターン終了時の追撃は、主人公が麻痺していても発動するので、ソーンの特殊行動前には召喚しておきましょう。