[グラブル] ゼノ・コキュートス撃滅戦の周回編成

このページでは、ゼノ・コキュートス撃滅戦の周回編成を紹介しています。

ゼノ・コキュートス撃滅戦の進め方
六道武器・召喚石の性能はこちら
真・氷逆天の戦棍ダンテ・アリギエーリゼノ・コキュートス

 

適正キャラクター

ジークフリート
強力な自己強化で高い火力を発揮できるものの、序盤はデメリットが大きく、少々扱いが難しいキャラクターです。
最終上限解放でLvを上げることによって、デメリットが消えて扱いやすさが格段に増し、全体に水属性ダメージカットなど、攻撃以外でも味方に貢献してくれます。
サラーサ
最終上限解放後はグラウンドゼロによる、無属性ダメージが80万→120万に強化され、特に周回編成でより重用できるようになりました。
また土属性防御25%DOWNで弱体役も担え、用途に応じて役割を切り替えることで様々なシーンで活躍が見込める性能を持ち合わせています。
オクトー
奥義ゲージが最大200%、奥義ゲージ上昇量が2倍という、特殊なサポートアビリティを持つキャラクターです。
自身の奥義ゲージを分配して味方を支援できるため、奥義アタッカーとの相性が良く、最終上限解放後は、追加される「合気効果」「飛天効果」を中心に、高いレベルで火力性能がまとまったアタッカーとなり、奥義編成の中核を担う存在となります。
オイゲン(リミテッドシリーズ)
単体に奥義性能UPと高揚を付与する『アームド効果』、奥義発動で味方全体の土属性攻撃/DA確率UPなど、優秀な火力支援を行えるキャラクターです。
3ターン連続で自身の奥義ゲージ100%にする3アビや、クリティカル発生時のダメージ上限10%UPにより、アタッカーとしても活躍できます。
ラスティナ
かばうとカウンターを持ち、味方の被ダメージを抑えることができる防御型キャラクターです。
チャージLvに応じて強力になるダメージアビリティに加えて、ウェポンバーストも持っているため、防御キャラでありながら火力にも貢献できる性能を持ち合わせています。
ユグドラシル
攻撃、防御、クリティカルUP、HP回復、弱体回復、バリア付与と、火力耐久回復と多方面の支援が可能なキャラクターです。
サポートアビリティに敵対心UPを持ちながら、バリアは自分以外が対象なので、倒されやすそうな点が気になるところではあります。
ブローディア(リミテッドシリーズ)
全属性70%ダメージカットと全体被ダメージ無効/マウントで、味方の耐久面を大きく向上させられます。
また刃鏡による自己強化で火力役としての活躍に加え、土属性攻撃UPの効果を上昇させる、サポートアビリティによって味方の支援も可能で、複数の役割を高水準でこなせる優秀なキャラクターです。
Aqours1年生チーム 津島善子&国木田花丸&黒澤ルビィ
味方の全体回復やクリア+防御UP持ちで、主に格上相手の耐久編成向きのキャラクターです。
奥義発動による土属性攻撃UPや、敵に暗闇効果+グラビティを付与することができるため、高難易度バトルでも活躍してくれます。
ダーント&フライハイト
黒猫棒術中は常に攻撃/防御性能が上昇し、加えてフライハイト殿が追加でダメージを与えてくれます。
黒猫棒術も維持しやすく、開幕から高い攻撃性能を発揮できるので、奥義周回編成など幅広い場面で活躍できるアタッカーです。
メドゥーサ(恒常)
攻防25%DOWNで敵の弱体役をこなし、味方への火力/耐久支援もこなせるキャラクターです。
『荒土の刻印』を消費して更に性能を高められるため、長期戦時や終末武器をメインに装備した際など、刻印を安定的に供給できる環境でより活躍してくれます。
バアル
累積攻防DOWNで弱体役を担いつつ、『セッション』で自身と味方1人を強化して戦うキャラクターです。
奥義でチェインバースト性能UPに加えて、チェインバースト発生毎に味方の全体強化もでき、主に中~長期戦における弱体/支援役として活躍してくれます。
アルルメイヤ
いくつかの弱体アビリティと支援アビリティを持つ土属性の支援キャラクターです。
弱体効果を1回無効にする『マウント』が長所で、スロウと併せて厄介な特殊技を持つ強敵相手に挑む際などに活躍してくれます
ユーステス
アビリティを使用するごとに上昇する『充填』というステータスを持ち、充填Lvによって上昇した攻撃力や奥義の火力でダメージを稼ぐタイプのキャラクターです。
また、1アビにより2ターンの麻痺も付与可能で、弱体面でも貢献してくれます。
ヤイア
味方全体のHP回復や攻撃UP付与に加え、自身以外の味方を強化する特殊なサポアビを持つ、味方支援に特化したキャラクターです。
最終上限解放で支援性能が更に強化され、またHP最大時に1アビを使うことにより、かばう/回避で味方を守ることが可能になります。
ルリア
主人公に合わせて属性が変化する特殊なキャラクターです。
通常攻撃は行えませんが、奥義威力が高いことに加えて4種のアビリティで味方支援ができます。
また、バトルメンバーに居れば1ターン内で召喚石を2回使用できるのも強みです。
ただし主人公かルリアのどちらかが倒されると、両方戦闘不能になる点には注意が必要です。

 

EXTREME周回編成

速度重視編成

キャラクター編成

主人公火力枠火力枠火力枠サブ枠

メカニック

ブローディア

ダーント

ジークフリート

エッセル

レ・フィーエ
メイン召喚サブ召喚サポ召喚メイン武器EXアビリティ
ユグドラシル
マグナ 5凸
ハングドマン
4凸↑
ユグドラシル
マグナ 5凸
裁きの鳴雷アローレインⅢ

周回速度を重視する編成です。
サブ枠には、編成に入っているだけでアイテムドロップ率が上昇するエッセルと、戦闘終了時にカジノメダルを入手することがある土属性のレ・フィーエを配置しています。
ドロップ率を重視する場合はターン数が増えてしまいますが、ジョブを義賊やホークアイに変更すると良いでしょう。

 

武器編成

武器編成
功刃/守護 SLv15M渾身/M技巧Ⅱ SLv15M渾身/M技巧Ⅱ SLv15
M渾身/M技巧Ⅱ SLv15
EX特大 SLv20M神威/M羅刹 SLv15連撃/奥義ダメ上限 SLv15
神威Ⅲ/通常ダメ上限
SLv15
天司武器
SLv15
バハムート武器
SLv15
  • 裁きの鳴雷
  • ニーベルン・ホルン×3
  • 真・裁考天の鳴弦
  • オールド・ペルセウス
  • オメガスウォード
  • 永久拒絶の竪琴
  • 揺るがぬ大地の拳
  • バハムート武器

 

攻撃

バトル1アローレインⅢ+攻撃
バトル2ブローディア2アビ+攻撃
バトル31.主人公1アビ+2アビ
2.ダーント2アビ+3アビ
3.ジークフリート2アビ→1アビ
4.ブローディア3アビ
5.攻撃

 

120HELL周回編成

1ターン編成

キャラクター編成

主人公火力枠火力枠火力枠サブ枠

メカニック

オクトー

ブローディア

サラーサ

エッセル

レ・フィーエ
メイン召喚サブ召喚サポ召喚メイン武器EXアビリティ
ユグドラシル
マグナ 5凸
ハングドマン
4凸↑
ユグドラシル
マグナ 5凸
裁きの鳴雷ツインサーキュラー

ゼノ・コキュートス120HELLを1ターンで倒す編成です。
サブ枠には、編成に入っているだけでアイテムドロップ率が上昇するエッセルと、戦闘終了時にカジノメダルを入手することがある土属性のレ・フィーエを配置しています。
ドロップ率を重視する場合はターン数が増えてしまいますが、ジョブを義賊やホークアイに変更すると良いでしょう。
※メカニックのコンパニオンは、エナジーマニューバとタンクチップを設定しておきましょう。

 

武器編成

武器編成
功刃/守護 SLv15M渾身/M技巧Ⅱ SLv15M渾身/M技巧Ⅱ SLv15
M渾身/M技巧Ⅱ SLv15
EX特大 SLv20M神威/M羅刹 SLv15連撃/奥義ダメ上限 SLv15
神威Ⅲ/通常ダメ上限
SLv15
天司武器
SLv15
バハムート武器
SLv15
  • 裁きの鳴雷
  • ニーベルン・ホルン×3
  • 真・裁考天の鳴弦
  • オールド・ペルセウス
  • オメガスウォード
  • 永久拒絶の竪琴
  • 揺るがぬ大地の拳
  • バハムート武器

攻撃

1主人公1アビ+2アビ+ツインサーキュラー
2オクトー1アビ
3ブローディア2アビ+3アビ
4サラーサ3アビ→1アビ
5攻撃

 

ゼノ・コキュートス撃滅戦の進め方
六道武器・召喚石の性能はこちら
真・氷逆天の戦棍ダンテ・アリギエーリゼノ・コキュートス