【CentOS】DDNSクライアントツール「DiCE」Linux版の使用方法

2021/11/20

DiCEはDDNSサービスにアドレスを通知するツールです。

多くのDNSサーバーは、定期的にIPアドレスを通知しないとサイト閲覧ができなくなってしまいます。
このツールを使うことにより、定期的にIPアドレスを通知したり、IPアドレスが変わるごとに通知したりできる様になり、自宅サーバー運用では必要不可欠と胃打っても過言ではないツールになります。

インストール

ld-linux.so.2をインストールする

このファイルがないとDiCEは動作しません。
DiCE実行時に動作しない場合は、ほぼ間違いなくこのファイルが存在していません。

yum install ld-linux.so.2

 

DiCEをダウンロードする


DiCE公式ページから最新版をダウンロードします。

 

サーバーへアップロードする

ダウンロードしたDiCEはdiced01914.tar.gzファイルで、下のフォルダにアップロードします。

/usr/local/bin/

 

圧縮ファイルを解凍する

# cd /usr/local/bin
# tar zxvf diced01914.tar.gz

 

設定

DiCEを実行する

setarch `uname -m` /usr/local/bin/DiCE/diced | nkf -uw
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

:

 

DiCE起動オプション

:?
*** 起動オプション ***

diced [-s|-d|-h|-e] [-b] [-l]

-s 起動と同時に開始します
-d 起動と同時にバックグラウンドで開始します
-h コマンドオプションを表示します
-b イベント実行時にビープ音を鳴らします
-l ログを作成します
-e<EventNo> 指定のイベントを実行して終了します

*** コマンド一覧 ***

exit DiCEを終了します
start DiCEを開始します
startd DiCEをバックグラウンドで開始します
setup DiCEの環境設定を行います
list 登録済のイベント一覧を表示します
add イベントを追加します
ed[it] <番号> イベントを編集します
del <番号> イベントを削除します
en[able] <番号> イベントを有効にします
dis[able] <番号> イベントを無効にします
ev[ent] <番号> イベントの情報を表示します
ex[ec] <番号> イベントを今すぐ実行します
logcr ログをクリアします
:

 

DiCEの基本設定を行う(初回のみ実行)

:setup
IPアドレスの検出方法を指定してください
(0) 自動検出
(1) ローカルのネットワークアダプタから検出
(2) 外部のスクリプトから検出
<現在:0>
(N)変更しない (P)戻る
>0
-------------------------------------------------
プライベートIPアドレスも検出対象ですか? (Y/N)
<現在:いいえ>
(P)戻る
>n
-------------------------------------------------
IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
検出IPアドレス>xxx.xxx.xxx.xxx
-------------------------------------------------
IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>n
-------------------------------------------------
IPアドレスをチェックする間隔を指定してください(分)
設定可能範囲は5分以上です
<現在:10>
(N)変更しない (P)戻る
>n
=================================================
DNSサーバーの負荷を軽減するために頻繁なDNS更新を防ぐ必要があります
前回の更新から一定時間DNS更新処理を行わないように保護時間を設定して
ください(分) 設定可能範囲は10分から1440分です
<現在:10>
(N)変更しない (P)戻る
>n
=================================================
設定を保存しますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
設定を保存しました
=================================================
:

 

IPアドレス更新イベント設定

:add
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
"?"で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
>MyDNS.JP
-------------------------------------------------
<< MyDNS.JP >>
URL: http://www.mydns.jp/
*** 情報 ***
ドメイン名、ホスト名についてはマスターID(ユーザー名)にて管理されています。
IPアドレスはサーバー側で自動検出します。
(これらは入力しても無視されます)
=================================================
ドメイン名を入力してください
"?"でドメイン一覧を表示します
(P)戻る
>example.com
=================================================
ホスト名を入力してください
(P)戻る
>example.com
=================================================
ログインユーザ名を入力してください
(P)戻る
>user
=================================================
ログインパスワードを入力してください
(P)戻る
>password
=================================================
登録するIPアドレスを入力してください
空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
(P)戻る
>
=================================================
このイベントに題名を付けてください
(P)戻る
>mydns
=================================================
このイベントを実行するスケジュールを設定します
-------------------------------------------------
実行する頻度を指定してください (番号入力)
(0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
(4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
(P)戻る
>5
-------------------------------------------------
曜日を指定してください (番号入力)
(0)日 (1)月 (2)火 (3)水 (4)木 (5)金 (6)土
(P)戻る
>2
-------------------------------------------------
時刻を指定してください
入力例) 23:05
(P)戻る
>23:05
=================================================
=================================================
このイベントを有効にしますか? (Y/N)
(イベントの有効/無効は"EN/DIS"コマンドで切替えられます)
>y
=================================================
イベントを保存しますか? (Y/N)
>y
イベント"mydns"を保存しました
=================================================
:

 

IPアドレス更新イベントを実行する

:ex 0
+ 9/6 17:11 にMyDNS_dairyが実行されました
IPアドレスを更新しました
:

 

DiCEの自動起動設定

/etc/rc.d/rc.localを開き最下行に/usr/local/bin/DiCE/diced -d -lを追記します。

# <span class="ColorInput">vi /etc/rc.d/rc.local
</span>#!/bin/sh
#
# This script will be executed *after* all the other init scripts.
# You can put your own initialization stuff in here if you don't
# want to do the full Sys V style init stuff.
/usr/local/bin/DiCE/diced -d -l

 

/etc/rc.d/rc.localに実行権限を付与します。

# chmod u+x /etc/rc.d/rc.local

 

再起動して動作を確認します。

# ps aux | grep dice
root 929 3.2 0.0 5704 348 ? Ss 17:28 0:00 /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l
root 1552 0.0 0.0 112824 976 pts/0 S+ 17:29 0:00 grep --color=auto dice
#

/usr/local/bin/DiCE/diced -d -lが動作していることを確認して設定完了です。

2021/11/20