[Linux] root宛てのシステムメールをgmailに転送する。

今回は、root 宛てに届くシステムメールを、指定したメールアドレスへ転送する設定を行います。

メールアドレスへの転送設定

パッケージのインストール

パッケージの確認

メール送信にはmailxをいうパッケイジがインストールされていなければなりませんが、実際にそのパッケージがインストールされているかを確認する為に次のコマンドを実行します。
# rpm -qa | grep mail

# rpm -qa | grep mail
mailcap-2.1.41-2.el7.noarch

gmailへ転送するために必要なパッケージをインストールします。
# yum -y install cyrus-sasl cyrus-sasl-plain

# yum -y install cyrus-sasl cyrus-sasl-plain
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * remi-safe: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ cyrus-sasl.x86_64 0:2.1.26-23.el7 を インストール
---> パッケージ cyrus-sasl-plain.x86_64 0:2.1.26-23.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 Package                 アーキテクチャー
                                       バージョン             リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
インストール中:
 cyrus-sasl              x86_64        2.1.26-23.el7          base         88 k
 cyrus-sasl-plain        x86_64        2.1.26-23.el7          base         39 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  2 パッケージ

総ダウンロード容量: 127 k
インストール容量: 180 k
Downloading packages:
(1/2): cyrus-sasl-plain-2.1.26-23.el7.x86_64.rpm           |  39 kB   00:00
(2/2): cyrus-sasl-2.1.26-23.el7.x86_64.rpm                 |  88 kB   00:00
--------------------------------------------------------------------------------
合計                                               563 kB/s | 127 kB  00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : cyrus-sasl-2.1.26-23.el7.x86_64                 1/2
  インストール中          : cyrus-sasl-plain-2.1.26-23.el7.x86_64           2/2
  検証中                  : cyrus-sasl-plain-2.1.26-23.el7.x86_64           1/2
  検証中                  : cyrus-sasl-2.1.26-23.el7.x86_64                 2/2

インストール:
  cyrus-sasl.x86_64 0:2.1.26-23.el7   cyrus-sasl-plain.x86_64 0:2.1.26-23.el7

完了しました!

/etc/postfix/main.cfを開き、次のコードを末尾に追記します。

# メールサーバー設定
relayhost = [smtp.gmail.com]:587

# 認証方法の指定
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/authinfo
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = PLAIN

# TLS認証を有効化
smtp_use_tls = yes
smtp_tls_CApath = /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt

# 送信者情報書き換え設定
smtp_generic_maps = hash:/etc/postfix/sender_canonical

/etc/postfix/sender_canonicalを開き、次のコードを末尾に追記します。
<servername>はホスト名など、<address>@gmail.comは管理しているメールアドレスを入力します。
<servername> <address>@gmail.com

入力が済んだら、次のコマンドを実行します。
# postmap hash:/etc/postfix/sender_canonical

送信者情報の認証情報入力

/etc/postfix/authinfoを開き、次のコードを追記します。
<address>@gmail.comと<password>はご自身が管理しているメールアドレスのものに置き換えてください。

[smtp.gmail.com]:587</pre>
<address>@gmail.com: 

入力が済んだら次のコマンドを実行します。

# chmod 640 /etc/postfix/authinfo
# postmap /etc/postfix/authinfo

設定情報を反映させます。

# systemctl reload postfix

root宛てメールの宛先を変更します。

# sed -i '/^root:/d' /etc/aliases
# echo "root:

<address>@gmail.com” <password> /etc/aliases # newaliases

最後にmailxパッケージをインストールします。
# yum install mailx

# yum install mailx
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
epel/x86_64/metalink                                     | 7.3 kB     00:00
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * remi-safe: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
mysql-connectors-community                               | 2.5 kB     00:00
mysql-tools-community                                    | 2.5 kB     00:00
mysql57-community                                        | 2.5 kB     00:00
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ mailx.x86_64 0:12.5-19.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 Package         アーキテクチャー バージョン               リポジトリー    容量
================================================================================
インストール中:
 mailx           x86_64           12.5-19.el7              base           245 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ

総ダウンロード容量: 245 k
インストール容量: 466 k
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
mailx-12.5-19.el7.x86_64.rpm                               | 245 kB   00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : mailx-12.5-19.el7.x86_64                        1/1
  検証中                  : mailx-12.5-19.el7.x86_64                        1/1

インストール:
  mailx.x86_64 0:12.5-19.el7

完了しました!

テストメールを送信する。

インストールが済んだら実際にメールを送ってみましょう。
test@example.comはメールの送信先に置き換えてください。
メールの到着は数秒から数十分かかる場合があるので気長に待ちましょう。
# echo “test” | mail test@example.com

無事にメールが到着するとこのような内容が記載されていれば、root宛てメールの転送設定は完了です。

     ...            ...