OverlayPluginの導入方法。

ACTで取得した情報をモニタ上に表示するプラグインで、レイアウトはHTMLで構成されている為、自分の好みに編集することも可能です。

OverlayPluginの設定

ダウンロード

こちらから最新のOverlayPluginをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを右クリックしてプロパティを開き、ブロックの解除をクリックして適用します。

また、OverlayPluginは.NET Framework 4.5 以上がインストールされている必要があるので、予めインストールしておきましょう。

インストール

zipファイルを解凍します。
解凍するとフォルダの中は、この様に展開されます。

ACTインストールフォルダ内にPluginsフォルダを作成し、展開したOverlayPluginをフォルダごと移動させます。

ACTを起動してPluginsタブを開き、Browseボタンをクリックします。

先ほど移動させたOverlayPluginフォルダ内のOverlayPlugin.dllを選択します。

Add/Enable Pluginボタンをクリックします。

プラグインリストにOverlayPluginが登録され、Enabledにチェックが入っていることを確認します。

モニターの右上の辺りに、このようなミニパースウィンドウ表示されれば、OverlayPluginが導入完了となります。
(画像は表示を見やすくする為に、背景を敢えて白色にしています。)

動作確認

あとは木人などを殴ってみてきちんと表示されるか確認しましょう。

きちんと表示されない場合は、ACTの設定からプラグイン導入に至るまでの間に何かしら不備がありますので、再度確認してみましょう。

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!