重低音が効く!中高音もクリアな高音質イヤホン「Jayfi JA40」レビュー。

こんばんは、いろいろ改めてHNをクランプフィードに変更しました(=゚ω゚)ノ
普段音楽プレイヤーで音楽を聴くのは車で移動している最中が殆どで、イヤホンを使う機会は電車で移動する用事がある時くらいです
それ故に音質に関しては特に拘りもなかったりします。

今回はご縁がありまして、Jayfi(@Jayfi_JP)さんからJayfi JA40イヤホンをご提供いただきましたので、素人感覚なりにレビューを書いていきたいと思います。

外観

パッケージは今どきのスマートフォンの外装箱と同じ様に、白地にイヤフォンが描かれているシンプルなものですが、イヤホンでよく見かけるブリスターボックス等の安っぽいパッケージと比較すると充分に高級感があると言えます。
もっともパッケージで商品そのものの品質や性能に影響することはないのですが、やはり第一印象は大事な要素ですよね。
post700-002

封印テープを切って開封すると、奇麗に収まったイヤホンが顔を出します。
post700-003

付属品には、イヤーピース(S/L、Mは本体に装着済み)・イヤホンクリップ・取扱説明書・イヤホン収納用のポーチです
今までいくつか購入してきたイヤホンには、イヤホンポーチが付属していた経験がなかったので、今回のイヤホンポーチの付属は地味に嬉しかったりします( ´ω`)
post700-001

イヤホン本体のハウジングは、CNCフライスで削り出したアルミ素材にシルバーメッキを施し、シンプルなデザインながらも高級感を醸し出しています。
カラーバリエーションは、ブラックとレッドの2色でケーブルのみ配色が違います。
post700-004

ケーブルは全長120cmで、ズボンのポケットに入れると少したるみが出るくらいの長さのY型イヤホンになります。
post700-005

イヤーピースは遮音性の高い医療用シリコン素材を使用しているとのこと。
管理人は、Sサイズのイヤーピースを使用していても片側だけがポロッと外れやすいのですが、このイヤーピースは着け心地もよくポロッと落ちることもないフィット感が気に入りました。
遮音性については音量にもよりますが、スマートフォンのボリュームが40%くらいになると周りの音が殆ど聞こえてこない程度なので、楽曲に没頭したい場合には最適だと思います。
逆を返すと、外出時には音量を絞っておかないと危ないってことですね(ノ∀`)
post700-006

右イヤホンのケーブルの途中にマイクとボタンが付いているので、プレイヤー再生中に電話がかかってきても、ボタンを1回押せばそのまま通話することが可能です。
また、このボタンはプレイヤーのコントロールもできるようになっていて、1回押しで再生/停止、2回押しで早送り、3回押しで巻き戻します。
post700-007

使用環境

Jayfi JA40の取扱説明書にはエージング50時間が推奨されていますが、この記事を書いてる段階でエージングは未だ10時間程しか進められておりません(´’ω’)
楽曲はASUS ZenPad 3 8.0・Zenfone3のAndroid端末2枚で、Google Play Musicでの再生となります。
post700-008

迫力の低音と突き抜ける高音

初めての視聴から比べると、エージング1回辺りを2時間として2回・3回・4回と回数を重ねる毎に低音が強く表に出てきていると感じ、特に強いベースの効いた楽曲を聴くと、イヤホンが壊れるんじゃないかと逆に心配になるほど迫力のある音を体感しましたが、音割れすることもなくしっかり音を出してくれるので、低音好きの人には是非とも試していただきたいと思います。
高音については、特に女性ボーカルは、ハリのある歌声に透明感と色っぽさを含みつつ突き抜けてくる感じで、音質も素晴らしいと思います。
また、ピアノ楽曲やオーケストラでは普段使用のイヤホンで聴くよりも個々の音を聴き取りやすく深みを感じたので、目を閉じてリラックスしながら聴く際にも良さそうです。

高音質なのにお手軽価格

ユーザーの好みや視聴する楽曲を選ぶかも知れませんが、高音質と謳っているイヤホンが価格3000円前後のお手軽価格ですので、低音の強調された楽曲を好んで聴くような人には、2~3本は持っておいても良い程コストパフォーマンスに優れたアイテムと言えるでしょう。

ざっと10時間程度のエージングを済ませたあとの感想でしたが、また50時間のエージングが済んだときにどのように変化しているのかを追記したいと思います。
ではまた(=゚ω゚)ノシ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加