DARK BASE Pro 900はケースだけでも楽しめる。

こんにちは( ‘ω’)ノ
10月下旬に販売開始となったbe quiet!製のDARK BASE PRO 900を購入しましたよ!
post692-001

9月下旬にASUS ROG STRIX-GTX1080-O8G-GAMINGの事を書いてから、改装6号機はこのケースに収めようと思ってずっとベンチ台の上で待機モードになっておりました(ノ∀`)
post692-002

付属品

付属品はLEDストラップ×2、ケーブルタイ×6、LCSブラケット(左下)、アッパーファンブラケット(下中)、HDDパネルラバーグロメット、スタンドオフ14.4mm(E-ATXマウント時使用)、他ネジ類となっています。
post692-003

外観

DARK BASE PRO 900のサイズは655(L)x325(W)x680(H)で、側面には強化ガラス製のサイドパネルが採用され、もう内部が隅々まで丸見えですね(*ノωノ)
post692-004

DARK BASE PRO 900の特色のひとつに、ケーストップに装備されたワイヤレス給電が可能なQiチャージャーがあります。
※DARK BASE 900はQiチャージャーなし、サイドパネルは非ガラスパネルです。
post692-005

5インチベイは2段、そしてその上にLED照明の点灯ボタンと、ファンの回転数を調節できるスライダーがついています。
post692-006

5インチベイ下のフロントファンの前には取り外し可能な防塵メッシュがあり、更に底面用の防塵メッシュもフロント下部から引き出すことができるようになっています。
post692-007

変幻自在なレイアウト

DARK BASE PRO 900最大の特徴は、好みのレイアウトに組み変えられるところにあります。
例えば、このメッシュを上部に持ってきてM/Bトレイの高さを変えてみたり、
post692-008

M/Bトレイ単体でパーツを取り付け、このままベンチ測定をすることも可能です。
post692-009

ケースはフレーム以外の殆どを取り外せるようになっています。
(画像ではボトムカバーを外していません)
post692-010

ストレージベイもモジュールのまま取り外す事ができ、更に3.5インチベイもそれぞれ取り外せるようになっています。
また、3.5インチベイは2.5インチデバイスが上下に2枚取り付けることができ、M/Bトレイ裏のマウントを含めて最大15枚の2.5インチデバイスを搭載することが可能です。
post692-011

自作erの夢とも言える倒立ケースも、簡単に実現できてしまいます✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。
post692-012

これからはこういった好きな様にカスタマイズできるケースや、魅せるオープンフレームケースが主流になるのかも知れませんね。
冒頭にも書きましたが、改装6号機はこのケースに収めて構成していこうと思います。
ではまた(=゚ω゚)ノシ

3色から選べるDARK BASE Pro 900は売り切れ間近
DARK BASE PRO 900 BLACK
DARK BASE PRO 900 SILVER
DARK BASE PRO 900 ORANGE

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!