水冷PCは何かと一筋縄ではいかない。

こんにちは( ‘ω’)ノ
メイン使いの3号機がどうにも不調で、Windowsが起動しなくなりました。
再起動するとBIOSは起動するのでSSDが飛んだかと思ったりしたけど、何度かBIOS設定を見直しながら再起動をしても、WindowsをインストールしたSSDがブートドライブにならない。
いっぺんCMOSクリアしてみるかと思ったけど、M/B上にCMOSクリアボタンもジャンパも見つからないので、ボタン電池を取り外してCMOSクリアすることにしました。
post628-001

冷却液を抜いてVGAを外し、チップセットのプレートを外してようやくボタン電池が取り外せるようになります。
配管を2系統にした恩恵がここでひとつ発揮されましたw
post628-002

右側が抜き取った冷却液で、左側が未使用の冷却液。
たった4ヶ月の運用でも美味しそうな赤ワインの様な色になったので、うっかり飲まないように気を付けたいですね(ねーよ。
post628-003

単純に配管の内部洗浄ができてなかったって訳かもね…( ´・ω・)y─~~

水枕は設計上で、どうしても冷却液が残ってしまいます。
post628-004

配管から汚れた冷却液を完全に取り除きたいので、VGAから水枕を取り外して洗浄しました。
post628-005

せっかくなのでボタン電池も新しいものを取り付けてやって、あとは元通りに組み付けて新しいチューブで配管を施します。
post628-006

冷却液を入れてエア抜きを済ませれば作業は完了です。
post628-007

最後にBIOSで、WindowsをインストールしたSSDをブートドライブに設定して、ようやくWindowsが起動するようになりました( ‘ω’)b
水枕の設計にもよるんだけど、水冷PCってのはボタン電池を交換するだけでも、それなりの大仕事ですねw
もっと交換しやすい場所だと良いのだけどなぁ。
ではまた(=゚ω゚)ノシ

作業が終わってから気づいたんだけど…

MAXIMUS VII FORMULAのCMOSクリアスイッチってIOパネル上にあったんだよね。
マニュアル読んでたけど、完全に見落としてたわ…( ´・ω・)y─~~
post628-008

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!