取り敢えず壁は乗り越えた(はず。

こんにちは( ‘ω’)ノ
先日、4kモニターとGeForce GTX980へ換装して、暫く様子を見ながらプレイしてました。

前回計測したGTX980 SLIのベンチマークはこんな感じで、仮想フルスクリーンでは実際の4k解像度でのプレイにも特に過不足を感じる程ではありませんでした。

ただ、この状態でFFXIVのDirectX11版と4k解像度になったらどうか…。

そんなことを考え始めたら、気になって気になって仕方がなくなってしまったんで、PCを組み替えることにしたましたよ。
post580-001

以前、FFXIVを6画面でウェーイwwwってのをしてみたくてパーツを用意したものの、引っ越しの際にどこへ梱包したのか分からなくなって放置していたパーツ類を発掘してきた。
もっとも今ではこのパーツで6画面はムリだと思ったりもしてるけど、それはさておき今回はmsi製GeForce GTX980とCorsair AX1200i電源を追加しました。
post580-002

まずは最小構成でbiosの起動確認ができたので、メモリ4枚挿しで起動テスト。
特に問題が出ることもなく一安心、普通の構成で組み直して起動してみて、ここまでで何の問題もなければもう完成したようなものですな( ´ω`)y─~~
post580-003

ジジイは熱伝導グリスを使わない。
普段はサーマルシートを使ってるけど、今回はLIQUID PROを凌駕する熱伝導率90W/mで、液漏れの心配がないお手軽シートタイプってことで、前々から気になってたワイドワーク 黒鉛垂直配向熱伝導シートVertical-GraphiteProを購入してみました。
post580-004

粘着性はないが導電性があるので、CPUクーラーを取り付ける際に位置がずれたりしないように注意が必要です。
ショートしたら一発で吹っ飛ぶからね( ´・ω・)y─~~
post580-005

組み立て完成٩(ˊᗜˋ*)و
post580-006

構成はこんな風になりました。
post580-007

OSのインストールも済み、ドライバーやFFXIVクライアントなど必要なものをインストールして、さっそくFFXIVベンチマークを走らせてみましたが…
post580-008

あれ…思ったより伸びない…(´・ω・`;)

何か設定間違ったかな…

今度は3DMARKを走らせてみると…
post580-009

VGAがただのSLIになってる…

どうなってんだ…?(´・ω・`;)

NVIDIAコントロールパネルのSLI設定を見ると、VGA2枚でしかSLI設定ができていない。
SLI設定を何度も設定しなおしたり、PCを再起動してみたりVGAの配置を変えたり、ドライバーを入れ直してもこの設定は揺らぐことはありませんでした。
post580-010

SLIブリッジの繋ぎ方が悪いのか。

それともドライバーのインストールで何か躓いてるのか。

まさかGPUが同じものでもメーカーが違うとダメなのか。

いやいや、これに関してはGPUが同型であればメーカーは問わず、コアクロックとメモリクロックは低い方へ、メモリ容量は少ない方に合わせて動作するからまったく問題にならないはず…。

で、いろいろ調べてみたところ

post580-011

3-Way SLIに対応してなかったwww

これじゃいくら試行錯誤したってできる訳ないね( ´・ω・)y─~~

元々MAXIMUSⅦ FORMULAはHD7970をCFXで組むつもりで買ったM/Bだから、サブPCや予備パーツとして使うことにすれば良いとして、ここでプラットホームをX99にするにしてもせっかくのi7-4790kが勿体ないので、LGA1150ソケットで4-Way SLIまで対応してるASUS Z97-WSを購入することにしました。
post580-012

最小構成での起動テストは、ASUS製M/Bでは定番のQ-CodeでA2を表示し続けて、biosが起動する様子がなかった。
他のM/B数枚に繋ぎ替えてみても、全てのM/BでA2を表示してbiosが起動することはなく、パーツの故障や初期不良など考えられる可能性を調べたり、問題なく動作するパーツと交換してみたり、煮詰まって現実逃避でFFXIVをプレイしたりで3日の時間を費やした<(´Д`;<ウワァー
すったもんだと苦労した3日間だったけど、思わぬところであっさりと解決したんです。

実は………

ただモニターがフリーズしてただけだった…(‘Д`;)オイィ…

これは、モニターの電源スイッチをon/offするだけではフリーズが解消されないことが普通にあるらしく、モニターに繋いでる電源ケーブルを一度抜いて挿し直すことで解消されました。

パーツに不具合があった訳じゃないと分かってほっと一安心( ´ω`)y─~~
起動テストの仮組み状態のまま、パーツをガンガン載せてOSとドライバー類をインストールしていく。
post580-013

FFXIVベンチもインストールしたので、さっそく走らせてみた。
biosでのオーバークロック(以下OC)や、msi Gaming appでのOCはしていない状態で、このスコアなら充分満足できるんじゃないかと思います( ´ω`)y─~~
post580-014

3DMARK11でのスコアもこんな風になりました。
post580-015

これでひとまず、春リリース予定のDirectX11版と4k解像度への壁は乗り越えられたんじゃないかな。

ただ、仮組みの状態でもVGA周辺の温度が相当やばいことになってるので、これをそのまま 4-Way SLIにするなんてとんでもない ケースに収めると、PCI Express×16の間にあるM.2 SSDが熱でやられてしまう恐れがあるので、水冷での運用を考えないとならないかも知れないですし…( ´・ω・)y─~~

ユーザーにこんなに金かかるようなことをさせるんじゃないぞ吉田…。
ではまた(=゚ω゚)ノシ

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!