4k解像度でDirectX11はハードルが壁のようだ。

こんにちは( ‘ω’)ノ
お昼ご飯を食べながらTLを眺めていたときのこと。
TLにこんな呟きが流れてきたので、思わずRT。

ウルトラワイドモニターです。
post575-001

たしか去年だかに、フォロワーさんがウルトラワイドモニターを持ってるとか聞いたことがあって、アマゾンの欲しいものリストに入れたものの、なかなか良いお値段だったので結局買わずじまいだったんですねー( ´・ω・)y─~~
ジジイの環境でも5760×1080の画面にはできるけど、24インチワイドモニターを横に3つ並べると、幅が1700mm弱程になって結構大変なのです(首が。

で、現状ではこんな感じ。
post575-002

センターのモニターだけ横置きにして、左右のモニターは縦置きです。
横置きにすれば縦幅が足りず、縦置きにすれば横幅が足りず…。
今更ながらワイドでないモニターで3WAYにすれば良かったんじゃないかなーと思ったりします、はい…( ´・ω・)y─~~

ウルトラワイドモニターの話からちょろっと4kモニターの話も出てきて、先日GeForce GTX780TiでSLIにしたことだし、FFXIVもこれからDirectX11と4k解像度のリリースが控えてることもあり、遅かれ早かれ環境を整えないとなぁとか危険な思考を始めるジジイ。

ジジイやりやがった…(゚Д゚;)
post575-003

今回購入したのは、現状販売されている4kモニターの中でも比較的お値段がお安いDell P2715Q-C。
お安いとか言ったって、まだ5万以上なんで全然お安くなかった。

ジジイの記憶では、Dellはサポートは片言の日本語しか理解のできない態度の悪い中華オペレーターで、症状を説明しようにも「ワタシニポンコワカラナイヨー」とか言い出す始末で、まともに意思疎通ができないレベルでストレス急上昇、そして高い故障率。
安いってだけしかメリットがなくて、「安物買いの銭失い」という認識なので、本来ならばDellの名前だけで購入の選択肢に入らないレベル。
もちろん、ジジイの記憶の中の話なんで、今はどうだか知らん(ぉ

でも最近の評判をぐぐってみると、評判の善し悪しは両極端な感じですなー( ´・ω・)y─~~
とにかく、どこのメーカーにしたって製品の質もサポートの質も、当たりはずれがあるのは国内のN○Cや○芝や富○通の様なブランドPCにも同じことが言えるし、逆を返せばレジストリに影響するレベルで、通常ではあり得ない勢いで余計なソフトをインストールして、HDDの容量をこれでもかと埋めにかかってる国内のブランドPCやPCショップのBTOマシンの方が、よっぽど短期間で故障しやすかったりする。
結局はユーザーが信頼できると判断したメーカーの製品を使えば良いし、無駄なものばかりの既製品なんか要らんって人はパーツ集めて自分で組めば良いとしか言いようがないですな。

(; ゚Д゚)…ハッ!

サポートの質云々の話はさておき、設置しました٩(ˊᗜˋ*)و
post575-004

これが3840×2160の画面…
すごい!表示が小さくなってもサムネイルや文字がはっきり分かる!
1920×1080のナナモ様画像を全体表示しても全然余裕!

じゃあこれで早速FFXIVへロギィン!とか思ったけど、FFXIVベンチをまともに完走できないどころかPC落ちまくりでした(‘A`)
4kモニター+フルHDモニター2枚の3画面は、GeForce GTX780TiのSLIでもムリがあるみたい…。
もしかしたら電源の容量が足りなくなった可能性もあるかも知れん。
post575-005

よかろう…

ならば…

秘蔵していたコイツに載せ換えるしかない。

「6画面でFFXIVを」などと野望を抱いて購入したものの、MDPCが長期のお休みでケーブルスリーブが購入できなくて、部屋の隅っこに積んでおいたASUSのGeForce GTX980リファレンスボード。
post575-006

付属品は電源ケーブルとドライバディスクとマニュアルだけですごくシンプル。
post575-007

それを…

こうぢゃ!
post575-008

そして早速ベンチを走らせてみる。
うむ、3DMARKでのスコアは申し分ない。
post575-009

過日のFFXIVファンフェス2014でも、DirectX11と4k解像度に向けたプレイ環境の話もあったりしたので、3DMARK11も走らせてみた。
このスコアなら、この環境では良い方なのかなーと思ったり( ´・ω・)y─~~
post575-010

FFXIVベンチマークは、デスクトップ高品質の仮想フルスクリーン設定でこのスコア。
post575-011

最高品質の仮想フルスクリーン設定でこのスコア。
post575-012

更に、最高品質の仮想フルスクリーン設定で、GPU Boost Clockをオフセット150に設定したスコア。
post575-013

どれも思ったほど伸びないなーって感じ( ´・ω・)y─~~

FFXIVを起動させてPC落ちたらやだなーと思ってベンチばっかり走らせてたけど、スコアはまぁ悪くないっぽいので、実際にFFXIVを起動してちょっくら闇の世界へ行ってきた。
post575-014

GPU Boost Clockはデフォルト設定のOCしてない状態だけど、描画が追いついてないのかは気にすれば気になる程度のカクつきがあった感じで、プレイそのものには特にこれといった支障はなかった。
なんとなく力不足を感じるのは、恐らく4kモニターの両脇に1920×1080モニター置いて3画面にしてることも要因かも。

(追記)
気にすれば気になる程度のカクつきが解消された。
HDMIで4kに接続するとリフレッシュレートは30Hz、DisplayPort(以下DP)で接続するとリフレッシュレートは60Hzになる。
端的にHDMIの場合は、「4kに対応してみたけど、リフレッシュレートは30Hzまでしか出せないよ(ゝω・)」ってことで、逆を返せば4kを60Hzで描画するには、DP接続でなければならないようですな。
これでカクつきは解消されたけど、それでもベンチマークでのスコアには特に変化がなかったので、両脇の1920×1080モニター2枚の有無以前にの問題で、やっぱり力不足なのではないかなーと思った次第。
モニター1枚でのベンチなら、また少しスコアは伸びるかも知れないけど( ´・ω・)y─~~
(追記ここまで)

現状の新生FFXIVで、4kモニターにGeForce GTX TITANをSLIで3枚挿しなんて人も存在してるし、この状態だと春にリリース予定の蒼天のイシュガルドは大丈夫だろうとしても、同時リリース予定のDirectX11版を4k解像度でプレイするには、結構不安があるというのが正直な感想だった( ´・ω・)y─~~

何か対策を考えないとなりませんな…(マテ
ではまた(=゚ω゚)ノシ

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!