XIGNCODE3とJoyToKeyについて考えられること

こんばんは( ‘ω’)ノ
このところのアクセスログを見ると、XIGNCODE3とJoyToKeyにまつわる検索が多いので、私としても調べて見たいと思っています。
しかし、現状TERAのインストールされているPCは過去記事の通り、ケースmod中でバラバラな状態でして…
もう1台のPCは、P5Q Deluxeのメモリスロットが不調で、デュアルチャネルが組めなくなってしまい、現状ではメモリ4GBでなんとか稼働できてる状態なので、とてもとてもTERAを起動することはできないのです(´・ω・`)

それでもざっと調べてみたところ、google検索で「Joytokey xigncode3 パッド ドライバ」のトップに出てくる記事があります。
この記事は箱○コントローラーの場合で書かれていますが、参考になるんじゃないかなぁと思ったりします。

このブログのアクセスログの検索内容にあった「XIGNCODE3 JTK」とか「TERA JTK フリーズ」とか「TERA JTK 強制終了」の辺りは、上記の記事と同様にゲームパッドのドライバ絡みじゃないかと思ってます。
3 月8日に記事にしている JoyToKeyの設定 TERA(MotioninJoy+Dualshock3) については、XIGNCODE3導入後にJTKの設定ファイルを新規作成して、キー配置も1日以上の時間をかけて動作確認をしながら設定した上で記事にまとめてます。
今思えば設定してる期間中に、動作を始めとしてクライアントの強制終了やJTKがフリーズするといった症状には一切遭ったりしませんでたね( ‘ω’)

それとせっかくなので、アクセスログの検索内容で時々見かけるMotioninJoyの不具合系についても書いておきましょうか。
このMotioninJoyの不具合系については、たぶん「Flash Playerが最新のものでない」とか「振動テストのボタンを押した」とかだったりするんじゃないかと思ってます。
Flash Playerを更新してMotioninJoyを再起動する、ダメだったらPCを再起動してみる。
それでもダメだったらFlash Playerを最新の状態でMotioninJoyを再インストールしてみたりすると良いかも知れません(確証はありません)。
あと、MotioninJoyの振動テストは絶対に行ってはいけません。
私の場合、振動テストをすると必ず暗転~PC強制再起動やブルースクリーンになったので、押してはいけないボタンと認識しています。
MotioninJoyの震動テストについては、システムを新規インストールして諸々のドライバーをインストールした後にMotioninJoyをインストールしたしました。
その際、ものは試しと震動テストを行ってみたところ問題なく震動できたので、震動テスト時のPC強制終了やブルースクリーンの類いは、例えばMotioninJoyでインストールするドライバと sixaxisdriver が干渉してエラーやブルースクリーンになったとか、あくまで仮定ですがそういった何かしらの原因によって起こるのかも知れません。

と、検索内容の不具合系について考えられる点はこのくらいですかね。
バラバラのPCが組み上がったら、改めてきちんと調べて見たいと思います(いつになるやら)
ではまた(=゚ω゚)ノシ

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!