FPS制限とゲームパッド無効化の設定

こんばんは(=゚ω゚)ノ
TERAも無料化になったし、クライアントからも忌まわしきnProがなくなったんで、ちょこちょこと復帰してみようかなぁと思ってます。
アルゴンの女王実装の頃にはもうプレイしなくなってて、あれから1年くらい経って私のPC環境やクライアントの環境設定も変わったので、改めて見直しをしておこうと思います。
去年の記事と比較しても設定することは基本的に同じなんですが、ちょっと情報が古くて今とは違うとこもあるし、他の設定とごちゃ混ぜになってるんで、分けてみようかなぁと言った感じでして(ノ∀`)
で、今回はFPS制限とゲームパッドの無効化についてです。

※構成ファイルの設定変更後の動作不良等については自己責任です。
あらかじめ変更するファイルのバックアップを残してから変更するようにしてください。

■FPS制限
\HanPurple\TERA\Engine\Config\BaseEngine.iniを開き、144行目にあるMaxSmoothedFrameRate=80を任意の数値に変更して保存します。
大体35~45くらいで良いと思いますが、CPUの処理速度やVGAの性能と相談ですね。
post364-01

■ゲームパッド無効化
上記でFPS制限の設定をしたBaseEngine.iniファイルの246行目にあるAllowJoystickInput=1の値を”0“に変更してゲームパッドを無効化します。
この後ランチャーを起動させますが、書き換え後最初の起動時に1~2回ランチャーの強制終了があるかも知れません。
post364-02

もしも、起動時にランチャーの強制終了が発生した場合は、もう一度ランチャーを起動して普通にクライアントまで起動したら、一度BaseEngine.iniが元に戻っていないかを確認して、\HanPurple\TERA\S1Game\Config\S1Engine.iniに設定が反映されているか確認してみると良いでしょう。
post364-03

このようにS1Engine.iniファイルにMaxSmoothedFrameRateAllowJoyStickInputの数値が反映されていれば設定完了となります。
post364-04

■注意点
ゲームパッドを無効化させて別途JTK等でゲームパッドの設定を行う場合、スキルはクロスヘア方向にのみ発動することになります。
キャラの向いてる方向へのスキル発動はクライアントがゲームパッドを認識してる場合に限ってできることなので仕方ないですね。

では、よいTERAライフを(´ω` )

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!