CentOSのネットワーク設定

今回は、VMware Playerの設定とCentOSのネットワーク設定のまとめです。

VMware PlayerにCentOSをインストールする際、デフォルトのままインストールした場合のIPアドレスは、ホスト(Windows)と共有のIPアドレス(NAT接続)となります。
しかし、自宅サーバーを構築する場合にIPアドレスが共有されていると、正しくサーバーへ接続ができなくなるので、VMware Player内のCentOSには別のIPアドレスを割り振って固定する必要があります。

VMware Playerメニューの管理>仮想マシン設定を開き、ネットワークアダプタをクリックして、ネットワーク接続をブリッジに変更したらVMware Playerを再起動します。
post338-01

端末を開いて、IPアドレスを確認します。
$ ifconfig -a
post338-02

管理者権限に切り替えて、ネットワーク設定ファイルを開きます。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
post338-03

設定項目については以下の通りです。

BOOTPROT=none|bootp|dhcp ネットワークインターフェイスの起動方法。固定IPにする場合はnone、DHCPdhcpで設定
BROADCAST=xxx.xxx.xxx.xxx ブロードキャストアドレスの指定。IPアドレスがクラスフルの場合、指定を省略することもできる。
DEFROUTE=yes|no デフォルトルート指定の有無。通常はyesを指定する。
DEVICE=eth0 デバイス名。
DHCP_HOSTNAME=hostname DHCPサーバに通知するホスト名。
DNS1=xxx.xxx.xxx.xxx DNSサーバーのIPアドレス1。
DNS2=yyy.yyy.yyy.yyy DNSサーバーのIPアドレス2。
GATEWAY=xxx.xxx.xxx.xxx デフォルトゲートウェイ(ルーター)のIPアドレス。
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx MACアドレス。NICが認識されたときに自動的に設定される。
IPV4_FAILURE_FATAL=yes|no IPv4に関する初期化で失敗した場合、インターフェイスの初期化自体を失敗したことにするかの設定。yesはIPv6の初期化に成功していてもインターフェイスの初期化自体は失敗とすること。
IPADDR=xxx.xxx.xxx.xxx IPアドレスの指定。
MTU=MTU値 IPv4リンクにおけるMTU値を指定する。省略時はインターフェイス自身のMTUになる。
NAME=”System eth0″ NetworkManagerがNICを認識するときの名前。通常は変更しない。
NETADDR=xxx.xxx.xxx.xxx ネットワークアドレス。通常IPアドレスとネットマスクより自動判断する。
NETMASK=255.255.255.0 IPアドレスに対するネットマスクの指定。
NM_CONTROLLED=yes|no NetworkManagerで設定や制御を行うかの設定。
ONBOOT=yes|no システム起動時の有効設定。
PEERDNS=yes|no DHCPによって取得したDNSサーバのアドレスを/etc/resolv.confに反映するか。DHCPを使う場合は通常yes。
PREFIX=24 サブネットマスク値255.255.255.0に相当するプレフィックス長。
TYPE=Ethernet インターフェイスデバイスの種類。
USERCTL=yes|no デバイスの制御をroot以外にも許すか指定する。
UUID=”xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx” システムが付与する認識名。変更しない。
IPV6ADDR=xxx.xxx.xxx.xxx IPv6アドレスの指定。
IPV6ADDR_SECONDARIES=xxx.xxx.xxx.xxx  IPv6アドレスの指定。
IPV6INIT=yes|no このデバイスIPv6を有効にするか指定する。
IPV6_MTU=MTU値 インターフェイスのMTUから20引いた数値。
IPV6_ROUTER=yes|no IPv6ルーティング有効/無効の設定。
IPV6TO4INIT=yes|no 6to4トンネリング有効/無効の設定。
IPV6TO4_IPV4ADDR=IPv4アドレス 6to4トンネリングにおけるIPv4アドレスの指定。
IPV6TO4_MTU=MTU値 インターフェイスのMTUから20引いた数値。
IPV6TO4_RELAY=IPv4アドレス 6to4トンネリングのためのリレールーターの指定。

環境に応じて、ネットワーク設定ファイルへ必要な項目を追記します。
この設定の15~16行目のIPアドレスは、契約プロバイダのDNSサーバアドレスとなります。

DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
BOOTPROTO="none"
TYPE="Ethernet"
PEERROUTES=yes
NAME="System eth0"
DEFROUTE=yes
GATEWAY=192.168.1.1
HWADDR="xx:xx:xx:xx:xx:xx
IPADDR=192.168.1.210
NETMASK=255.255.255.0
PREFIX=24
PEERDNS=no
DNS1=211.113.139.250
DNS2=202.234.232.6
UUID="xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
IPV6_AUTOCONF=no
IPV6_DEFROUTE=no

ゲートウェイとホストネームを設定します。
# vim /etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
GATEWAY=192.168.1.1
HOSTNAME=localhost

ネットワークを再構築します。
# /etc/rc.d/init.d/network restart
または
# service network restart

# /etc/rc.d/init.d/network restart
インターフェース eth0 を終了中:  デバイスの状態: 3 (切断済み)
                            [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中          [  OK  ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中        [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:  アクティブ接続の状態: アクティベート済み
アクティブ接続のパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/2
                            [  OK  ]
#

以上でネットワークの設定は完了となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加