FTPクライアントの接続設定

こんばんは\( ‘ω’)/
今回は前回の続きで、FileZillaサーバーへの接続を設定したいと思います。

■FileZillaサーバーのユーザ設定
XAMPPコントロールパネルを開いて、FileZillaのサービスを開始したら、Adminボタンをクリックします。
post326-01

FileZillaサーバーの設定タブ内のユーザをクリックします。
post326-02

ユーザ欄下の[追加]ボタンをクリックします。
post326-03

ユーザアカウント追加のウインドウが表示されたら、追加するユーザアカウント名を入力します。
グループが登録してある場合は、ユーザのグループを選択することもできます。
post326-04

General項目ではユーザアカウントを設定します。
post326-05

アカウントを有効にするにチェックを入れます。
パスワード設定をする場合は、チェックを入れてパスワードを入力します。

最大コネクション数とIP毎のコネクション制限数を設定します。
初期設定は0(無制限)です。

ユーザーログイン時にSSLを必須にする。の項目は、今回SSL/TLS暗号化を設定したので、ユーザーログイン時にSSLを必須にチェックを入れます。

Shared folders項目では、ユーザに対する共有フォルダを設定します。
ユーザを選択して、共有フォルダ欄下の[追加]ボタンをクリックします。
post326-06

共有するフォルダを選択して[OK]をクリックします。
post326-07

共有フォルダ欄に表示されるディレクトリが表示されて、その左にある<b>H</b>は、現在選択しているユーザのホームディレクトリのマークになります。
赤枠で囲ったチェック項目で、ユーザに対するフォルダ内ファイルの操作権限を設定します。
post326-08

Speed Limits項目では、選択したユーザに対して帯域制限を設定することができます。
post326-09

IP Filter項目では、IPアドレスでの接続非許可が設定できます。
post326-10

グループ登録は、ユーザ登録と設定方法は同じなので省きます。
post326-11

■FileZilla Clientの導入と設定
せっかくFTPサーバーがFileZillaなので、FTPクライアントの方もFileZillaで揃えたいと思います。
その方がたぶん設定が楽でしょうし(ノ∀`)

FilZilla 公式サイトへ行き、Quick download linksのDownload FileZilla Clientの文字をクリックします(ボタンは文字しかリンクになっていませんww)。
post326-12

クライアントダウンロードページの緑アイコンをクリックしてダウンロードしたらインストールします。
post326-13

インストールが完了したら、スタートメニュー→すべてのプログラム→FileZilla Clientの中にある、FileZillaをクリックして起動します。
post326-14

ファイルタブ内のサイトマネージャーをクリックします。
post326-15

サイトマネージャーのウインドウが開くので、[新しいサイト]ボタンをクリックします。
post326-16

自分のサイトの所に「新規サイト」という項目が作成されます。
ホスト名にFTPサーバーアドレス、ポートにFileZillaで設定したポート番号を設定します。
ログインの種類は「パスワードを訪ねる」、ユーザ名とパスワードを設定して[OK]をクリックします。
post326-17

FileZillaクライアントのファイルタブ下にあるアイコンを右クリックして、サイトマネージャーで作成したサイト名をクリックします。
post326-18

パスワード入力ウインドウが開くので、パスワードを入力して[OK]をクリックします。
post326-19

サーバー証明書が表示されるので[OK]をクリックします。
post326-20

ログイン処理が実行されて、接続が確立してFileZillaサーバーで設定した共有フォルダが右ウインドウに表示されてファイル操作ができるようになります。
post326-21

もしも、このときに接続できなかった場合は、FileZillaサーバーとクライアントのポート番号をデフォルトの990番に変更すると接続が確立される場合があります。

これですべての設定が完了となり、後はブログの引っ越し作業だけになりますヽ(´∀`)ノ
あと一息、がんばりたいと思います。
ではまた(=゚ω゚)ノシ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加