障害も収束したと思いきや・・・

こんにちは(=゚ω゚)ノ
nPro障害も収束気味になってきましたが、まだ障害の出てる人が居るようですね。
私の環境では前回の記事にも書いた通り、PSO2起動中にシステムのウインドウを開くと、ウインドウを開いた瞬間だけライセンス認証IDが使用不可と表示されることの他に、nProに起因するか判断に困る部分ですが、Firefoxが起動中に10~20秒程度反応しなくなる症状が見られる感じです。

ライセンス認証のウインドウを開いた際の、その瞬間だけ認証が使用不可と表示される件は、なんか「これから盆休みだし、ちゃんとした復旧は休み明けでよくね?」と、やっつけ的な処理を被せただけのような気しかしなくて、根本的な解決はまるでできてないように思えて仕方ないのですよね(ノ ∀`)

追記:この記事を読んでくれた方が、Twitterでシステムウインドウを開いた瞬間だけライセンス認証が使用不可の表示になることについてリプライを送って来てくれました。ありがとうございます(´ω` )
認証ウィンドウを開いた瞬間だけ使用不可になるのはnProとは関係なく、通信しID確認後に表示されるのでタイムラグがあって正常だと思われる。
というものでした。
なるほど、それなら納得だなぁと思いました。
でも・・・暫くしてからふとした疑問が出てきました( ´・ω・)y─~~

今でこそネット環境があってのPC使用が当たり前になってるけど、PCユーザーの全員に必ずしもネット環境が整ってる訳ではない。
それに、そもそもWindowsの電話認証って、通常のオンラインでライセンス認証ができなかったり、ネット環境が整備されてないオフライン環境のユーザーのためのライセンス認証手段なのでは・・・?
という点です。
システムウインドウを開く度に通信して正規品かどうかを確認するとしたら、オンラインでライセンス認証ができないユーザーは、システムウインドウを開く度にライセンス認証ができなくて、何度も偽造品である可能性を疑われることになるのではないかということです。

この辺について調べても見たんですが、ライセンスにまつわる情報でMicrosoftが情報開示する訳もなく、実際にシステムウインドウを開いた際に通信して正規品の確認を行っているかについて、参考になる情報がほとんど見つけられませんでした。
ここまで追記

Firefoxは、PSO2を起動云々という以前にフリーズしたりクラッシュすることもままあるので、一概にnProガーとは言い切れない部分もあると思います。

あと、Twitterで「Windowsが偽造品である可能性がある。という表示が出た」という呟きをちらほら見かけるようになりました。
これについては先日も書いた通りで、恐らくはnPro障害が発生した際に、ライセンス認証は外れたけど特に何ともなかったからとそのままPSO2をプレイしていて、そのプレイ中にWindows Updateの自動更新でライセンス認証チェックに引っかかったものが起因しているのではないかと思います。
他にも、キーボード・マウスの入力が出来なくなったり、ゲームパッドの配置が変わってしまうと言う障害もあるようです。
これに関しては何とも言えませんけど、私の使用しているロジクールMK-710キーボードとG700マウスとゲームパッドF510では何も不具合は発生していません。

ひとまず、nProで引き起こされている障害の種類が多く、実際に発生している障害が本当にnProで引き起こされた障害と判断して良いのか難しいところですが、何らかの障害が発生したらnProガーと言いながらPSO2をプレイするのではなく、安全と判断できるようになるまでPSO2クライアントの起動を控えて公式の告知更新を待つとかして、障害の発生を回避した方が良いですね。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!

コメント

  1. 匿名 より:

    通りすがり失礼します。
    PSO2、nProでいろいろ被害が出ているようですが…
    今被害が収まっているのは、nProが一時的に外されているからというのもあるらしいです。
    確認はできていませんが、現状のチートの蔓延具合を見るに本当かもしれませんね。
    nPro以外のプロテクトに乗り換えてくれるのが一番なんですけど…