ケルサイク上級のまとめ(ソーサラー用)

クリア回数はさておき、何度も通ってケルサイクを倒せるようになってきたので、ある程度まとめを書いてみることにしました。 ケルサイク上級では下級とさほど変化はないのですが、大きな違いもあったりします。 その辺りを前回の下級記事の書き方に沿って書いて行きたいと思います。

■突入前の準備
必要なものは、下級の記事で記載した消耗品類はもちろんのことですが、他にも永遠の聖水や保護の書も用意しておきたいところです。
上級では常時「奈落の束縛」デバフ(CT2倍、移動速度50%減少)にかかるので、ケルサイク下級討伐で入手できる破滅の玉で交換できるオーシャル・ゴールドリーフ装備や、ビビッシュの実験場で入手できるゴールデンポーションで抵抗率を100%にしなければなりません。
また、オーシャルゴールドリーフは一般解印でも名品になりやすいので、できれば名品にして装備OPは以下のOPをチョイスしたいところです。

装 備 ラ ン ダ ム O P
法 衣  中型モンスターからのダメージが4.5%減少×2
HP回復効果発動時、回復量が8.6%増加×2とその他
あるいは
中型モンスターからのダメージが4.5%減少×2
HP回復効果発動時、回復量が8.6%増加×1とその他
手 袋  力上昇×2
クリティカル発生が4上昇×2
短 靴  移動速度が2.5%上昇×2 クリティカル抵抗上昇×2
が良いかも知れません。

と行った感じで頑張ってチョイスして、強化段階もそれぞれ+6にはしておきたいところです。
ですが、強化段階が+6だと外周の火柱に当たっただけでも転がってしまうので、もうちょっと頑張って強化しておきたい所ですね。
かつて、赤い人が「当たらなければどうということはない」とか言ってましたけど・・・w

クリスタルは武器に挑戦者の威容×4、防具に挑戦者の意思×4で鉄板です。
また、ケルサイクは単体でヘルブラストの熟練紋章は意味を成さないので、マナシールドや他のスキルにポイントを振り直しておきましょう。

■戦闘開始直後
ケルサイクの祭壇に降りた時の咆哮は下級と同じです。

■デバフ交換
下級では2分で即死する炎・氷・地獄の業火デバフも、上級での効果時間は90秒になります。
下級の記事で記載したデバフ書き換えの手間を軽減と言った内容も、上級の攻略時間を鑑みると殆ど意味を成さないので、早めに確実に更新しておきたいところです。
ケルサイクは30秒毎に両手攻撃をしてくるので、1回目あるいは2回目で確実に更新しましょう。
2回目の両手攻撃で更新できなかった場合は、3回目での更新はできないので攻撃するよりも先に、前の方へ出て片手攻撃の余波で更新しましょう。

■聖火投げ
ケルサイクの蓄積は、1回目が懲罰の結界直前、2回目が死の結界の最中、3回目以降はケルサイクのHPが45%以下になってから暫く後です。
聖火を投げる順番は慣れにもよると思いますが、概ね大体3番目か4番目くらいになると思います。

■懲罰の結界
戦闘開始から1分20秒くらいで発動して、発動中は5秒ごとにHPが20%ずつ削られるのは下級と同じです。
上級では発動から40秒以内に500kダメージを与えないと解除できなくなってしまいます。

■ケルサイクブレス
ケルサイクのHPが45%を下回ってから2分後に最初のブレスが来ます。
その後2分毎にブレスが来ますが、HPが45%を下回ってから8分後のブレスからは守護石がrepopしなくなり、ブレスも1分毎で来るようになります。
また、45%を下回ってから、3回目の守護石がpopする前の状態でケルサイクのHPを5%以下まで削ってしまうと、ブレスの際に守護石がpopしなくなってしまうようです。
削りが早い場合は一旦手を休めて、ブレスをやり過ごしてから憤怒状態にさせましょう。

■両手攻撃
先のデバフ交換でも書きましたが、30秒毎に両手攻撃を繰り出してきます。
ただし、突進の後や、火柱氷柱の直後に繰り出してきたりすることが多いので、下級と比べて非常にいやらしくなってます(‘Д`;)

■片手攻撃
両手攻撃でデバフ交換ができないとき余波を浴びに行きますが、余波でデバフ交換すると言っても氷の余波は高確率で転がってしまうので、当たりに行くのは炎の余波だけにして、氷のデバフは氷柱にジャンプで飛び込んで更新した方が良いです。

■火柱
お皿さんの場合、装備の強化段階が+9であっても中心の火柱では簡単に転がってしまいます。
外周の火柱も強化段階+6では転がってしまうので、確実に回避する姿勢で臨むのが最良と言えます。
火柱でのデバフ更新はないものと思ってください。

■氷柱
装備の強化段階が+9であっても、直撃すると持続4回目で確実にペロってしまいます。
直撃の際、ラピッドヒールPOT、ラピッドソーマVIII、癒やしの角笛をうまく順番に使う事ができれば生き残れますが、後でPOTを使う事を考慮するとやはり確実に回避できるようにしておきたい所です。
また、緊急時のデバフ交換にジャンプで飛び込んでデバフ更新をしますが、この際マナシールド張って飛び込んではいけません。
ジャンプで飛び込む際に、被ダメージがマナシールドに吸収されて転ばないので、氷柱のまっただ中に飛び込んでしまい、そのまま敢えなくペロリとなってしまいます(‘Д`;)

■尻尾攻撃
下級と違って大分鬼畜になってますw
大出血のデバフがつき、尻尾攻撃も1度で済まず2度3度と繰り出してくることもよくあります。

■突進
当たればほぼ間違いなく転がります。
当たり判定が若干大きく、当たってないのに転がったなんて事もよくあるので、大きく回避するようにしましょう。
突進後に小咆哮を発動させる場合があるので、突進直後は不用意に近づかないようにしましょう。

■突進→咆哮→ジャンプ
ケルサイクのHPが75%~55.1%までの間で発動する攻撃です。
ランダムでPCをターゲットして青タゲが表示されたら、ターゲットPCの方を向いて突進しますが、その後で小ジャンプか大ジャンプかで動作が異なります。
小ジャンプの場合は突進の後、そのままの向きで咆哮をして、その後ターゲットしたPCの方へ振り向いてその場でジャンプします。
大ジャンプの場合は突進の後、ターゲットしたPCの方へ振り向いてから咆哮をして、溜め動作の後ターゲットしたPCの元へジャンプします。
小ジャンプの場合は突進さえ回避すれば、10mくらい離れている場所であれば被弾しないので問題ありませんが、大ジャンプの場合は溜めた後、再度ターゲットしたPCの方へ向きを修正して飛んできます。
大ジャンプは、クロスヘアをケルサイクの頭に合わせた状態で53m以上離れて動かなければ被弾しません。
もし、53m以上の距離を取れない場合は、速やかに盾のすぐ後ろに位置を取り、マナシールドを張って守って貰いましょう。

■死の結界
ケルサイクのHPが55%を下回ると発動し、40秒以内に500kダメージを与えることで結界を破ることができます。
この結界中はHPの回復ができなくなるので、両手攻撃のデバフ更新以外での被弾は極力回避したいところです。
2回目の死の結界直後では2回目の蓄積があるの
で、聖火を投げる順番が3番目だった場合は、前の人のフォローができるようにスタンバイしておきましょう。
また、死の結界を破った直後は高確率で火柱または氷柱が発動されるので注意が必要です。

■立ち回り
下級と大きく変わるのはここが一番だと思います。
下級では離れたりしてもある程度は問題なかったりしましたが、上級ではケルサイクのHP45%以下になると、ヒーラーさんのデバフ解除とPTMのHP回復にかなりのウェイトがかかります。
布職は火柱氷柱に当たれば即死するからと距離を取っていると、ヒーラーさんはケルサイクの攻撃を回避しながら自分のHPとデバフの状態を見つつ、盾の呪魂解除とロックヒール、近接の呪魂解除とサンク、遠距離を探し出して呪魂解除とロックヒールと言った感じで、とても大変な作業を強いられます。
布職は根本的に当たらなければどうと言うことはない職ですし、即死になる火柱氷柱は完全に回避する前提なので、できる限り近接と同じ場所で攻撃して、ヒーラーさんの遠距離を探す時間と回復する手間を減らす様に協力しましょう。

ケルサイクのHPによる攻撃テーブル

■常時 両手攻撃 30秒毎に発動。

■100~75.1%
開幕直後のみ 咆哮─両手─火柱
.          ├氷柱
.          └歩いた後に振り向いて突進
片手攻撃、両手攻撃、突進、小咆哮、火柱、氷柱、尻尾、回転、小ジャンプ
1分10秒くらい 蓄積
1分20秒くらい 懲罰の結界 500kダメージで結界破壊、2分周期

■75~55.1%
炎の沼・氷の沼発生
片手攻撃、両手攻撃、火柱、氷柱、尻尾、回転、小ジャンプ
青タゲ表示─突進─咆哮─振り向き─小ジャンプ
.        └振り向き─咆哮─大ジャンプ

■55~45.1%
死の結界 500kダメージで結界破壊、1分周期で死の結界発動中はHP回復不能
片手攻撃、火柱、氷柱、両手攻撃、尻尾、回転、突進、小ジャンプ、力の蓄積

■45~12%
ケルサイクの呪魂 力が2倍になる代わりに1秒毎にHP0.5%を削れられて、5秒毎に重複する
ケルサイクの守護 ケルサイクの防御が4倍になる、効果60分
片手攻撃、両手攻撃、火柱、氷柱、尻尾、回転、突進、咆哮、小ジャンプ、力の蓄積、ケルサイクブレス

■11~0%
憤怒状態になる
ケルサイクの呪魂、片手攻撃、両手攻撃、炎の沼、氷の沼、尻尾、回転、突進、咆哮、小ジャンプ、力の蓄積

当サイトで利用している画像及びデータは、NHN PlayArt 株式会社及びBluehole Studio Inc.に帰属します。許可なく、画像やデータの転用はできません。
Published by NHN PlayArt Corp. Copyright (C) BlueholeStudio Inc. Allright reserved.

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!