再インストール時にトークンIDを変更させる方法

正しいワンタイムパスワードを入力してもログインができなくなったときに、ワンタイムパスワードの利用停止とトークンの再インストールをしてもトークンIDが変更されずログインができない場合の解決手段として、再インストール時にトークンIDを変更させる方法をまとめました。

※この記事はTERA運営チームから12月4日に発表された「【更新】ワンタイムパスワードを入力後にログインできない現象について 」の記事とは関係ありません。
また、ワンタイムパスワートの利用停止方法が変わったので、再インストール時にトークンIDを変更させる方法(改訂)記事を別途掲載しています。

ワンタイムパスワード停止設定
メンバーズサイトの「ワンタイムパスワード推奨」と書かれたアイコンまたはリンクをクリック。
post229-01

ハンゲームあんしんガイドのページの中段にある[停止する]ボタンをクリック。
post229-02

登録メールアドレスにワンタイムパスワード停止メールが送信されます。
post229-03

届いたワンタイムパスワード停止メールに記載されているURLをクリックしてページを開き、認証パスワードをコピーします。
post229-04

コピーした認証パスワードを開いたURLページに入力して認証します。
post229-05

これでワンタイムパスワードの利用停止が完了します。
post229-06

トークンをアンインストール
Internet ExplorerやFirefox(他メールクライアント)を終了して、コントロールパネルからプログラムと機能を開いてVIP Accessをアンインストールします。
post229-07

C:\Users\ユーザー名(鍵付きアイコン)\AppData\LocalLow\VeriSign\VIPAccessToolbarの中にあるCredentialStoreファイルを削除します。
※このファイルが残っていると、再インストールしてもトークンIDが変更されないことがあります。
post229-08

トークン再インストール
ベリサインサイトの トークンダウンロードページ から、トークンをダウンロードしてインストールします。
post229-09

ハンゲームにログインします
post229-10

ハンゲームあんしんガイドのページで[利用設定する]ボタンをクリック。
post229-11

トークンを起動して、トークンIDとワンタイムパスワードを入力して、設定ボタンをクリック。
post229-12

以上で設定完了となります。
post229-13

もし、このときに認証が通らない場合は、ベリサインサイトにあるトークンの 動作テスト ペー ジで、現在のトークンが有効かどうかを確認してみてください。
トークンが有効だった場合は、ハンゲームサイトでの利用設定に不備があると考
えられるので、もう一度ワンタイムパスワードを設定し直してみましょう。
トークンが無効だった場合は、トークンのアンインストールした後、CredentialStoreファイルがきちんと削除されているかを確認して、トークンを再インストールをしてみましょう。

この記事がログインできない不都合の解決に役立てれば幸いです(´ω` )

この記事はいかがでしたか?
良かったらポチッとお願いします!励みになります!!